スポンサードリンク

2006年04月23日

嫁と姑〜介護が必要になったら、、、

私の母は、ばあちゃんから見れば嫁だ。

休みの日には、母もお見舞いに行く。
少ししか行けないから、母だって一生懸命話しかけたり、
りんごを剥いたりする。

自宅介護のときは、お風呂や着替えと
仕事しながらもやってくれた。

しかし、帰り際に母が、ばあちゃんの手を握り、
『おかあさん、また来るけんな』と言う。
しかし、ばあちゃんは、私のほうを見て、
『ようちゃん、また来てよ』と言う。

決してイヤミで言ってるのではないのだが…

よく、高齢者が要介護状態になると、
親族の中で、押し付け合いになると聞く。

そして、結局、嫁にその世話が任せられることが多いようだ。

うちの場合、おばちゃんがしっかりした人で、
適切に、きちんと施設探しから全部手続きもしてくれた。

自分の母なのだから、当たり前かもしれないが、
介護は嫁に任したよ〜ってなる『家』も少なくないとか。

世の中で、最もコミュニケーションが取りにくいのは、
実は、家族かもしれない。
介護には、この家族の理解がかかせないのだ。





posted by ようちゃん at 15:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 介護の問題

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。