スポンサードリンク

2006年09月04日

介護ミュニケーション?

人とコミュニケーションを取るのが苦手な私だが、
さすがに赤ん坊のころから面倒を見てもらっている
ばあちゃんは、特別な存在。

認知症になってからは、多少戸惑うこともありつつ、
なんとか、話をしてもらいたくて話しかけていた。


まず、手が痰で汚れていることがあるので、拭く。
そして、手を握ってここにいるよ、来たよと伝える。
あまりしつこく握ると多分ばあちゃんは嫌がる(汗)

目をよく見て、ひとつひとつの言葉を
理解してくれているかな?と観察しながら話す。

後は、寝ている人を上から見下げないで、
椅子に座って、同じ目線で話す。

ここまですると、気分がいい時には
落ち着いてぽつりぽつりでも話してくれた気がする。

お気に入りは、昔話。
たいていの話には乗ってきてくれた。


介護職の方でも、

お年寄りは、この人を好いてるな〜、
この人の介護の仕方、安心できるな〜

と思う人は、介護技術じゃなくて、
お年寄りとしっかりコミュニケーションが取れている
人じゃなかったかな、と思う。

よく考えれば、介護される側からしたら、
信頼できないと、介護なんて任せられないよな…



posted by ようちゃん at 15:40 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。