スポンサードリンク

2006年09月06日

介護とアロマ。ふれあいを通して介護にも楽しみを

介護予防が始まって、運動・食事指導・口腔ケアなどとともに、
アロマテラピーも人気があるのだそうだ。

アロマテラピーの効果は、その香りにより
脳がリラックスし、体の筋肉も緩むということだが、
その他にも、マッサージによるスキンシップを通して、
お年寄りの心を和らげ、安心感を与えるということもあるそう。


その結果、認知症のお年寄りの症状が和らいだり、
予防に繋がったり、表情が穏やかになったり、
不眠傾向のある方は、改善が期待できる。

また、リンパに働きかけることにより、
むくみにも効果があるそうだ。


アロマテラピーの一番よいところは、
年齢を重ねることを不安に感じる高齢者が多い中、
手で触れてもらう安心感ということではないだろうか。

そして、お年寄りだけではなく、
介護者の心身のケアとしても使えるということも
人気がある理由の1つだろう。


今、介護の現場では、心の問題がよく取り上げられているけど、
このアロマセラピーがもっと広まるといいかも。


現在では、
訪問看護や、一部の介護施設で行われ始めている。


「アロマ・ケア」香りは名ヘルパー



posted by ようちゃん at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 介護の現場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。