スポンサードリンク

2006年06月16日

根気がいる認知症介護

介護していて、あまり機嫌がよくない時は、
あれしろこれしろと言う。

ある時、どうしてもカラオケに行くんじゃ、といって聞かない。
カラオケとは、町内のお年寄りが集まって歌っているもの。

だめだと言っても、聞かない。
腹が立ってきたので、つい厳しい口調になる。
すると、ばあちゃん、私に吐き捨てた!

『いやらしいっ』(意地悪という意味)

すねちゃった(笑)

後で考えると、違ったなあと思う。
認知症の人は、自分の言っていることが
間違っていると思っていない。

そこがまた、認知症介護の
難しいところであり、根気がいる。



posted by ようちゃん at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 認知症
この記事へのコメント
ようちゃん、こんにちは。

本当に根気が要りますね。
私の母も、18日の日記で書きましたが、たった5分で済む事でも、頑として聞き入れないので参りました。

‘腹が立ってきた気持’がよく分かります。
お互いできるだけ気を長く持ちましょう。
大変ですけどね。
ガンバレ!ガンバレ!ようちゃん!!
Posted by anikigaeru at 2006年06月19日 17:48
>anikigaeruさん

いつもありがとうございます^^

anikigaeruさんのあたたかい言葉が
うれしいです^^

当たり前のことでも納得してくれなかったり、
納得しても一分後には抜けていたり
難しいですね^^;

根気よくいきましょうね♪
Posted by ようちゃん at 2006年06月21日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。