スポンサードリンク

2006年04月30日

食事介護

ばあちゃんがまだ、固形食を食べれた頃。
一度だけ、食事介護をしてくれているのを見させてもらった。

介護士さんは、慣れた手つきで、
小さく切り分けて、一口ずつ口に入れる。
そして、もぐもぐもぐ。
よく噛んでなーとか言いつつ。

ばあちゃんは、食が細い割りに、
一口は大きいし、あまり噛まずに飲み込む。

『詰まるけんなー、よう噛んでなー』
と介護士さんも大変そう。

そして、飲み込んだら、胸に耳を当て、
嚥下する音を聞いていた。
よく餅をつまらせたりするもんな、お年寄りって。

でも、そこまで丁寧に食事介護しているとは、思わなかった^^





posted by ようちゃん at 18:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 介護の現場
この記事へのコメント
ようちゃんさん
はじめまして!
相互リンクありがとうございます。
良い施設で良かったですね。
介護士さんの様子からして安心できそうですね。
色々と大変ですが共にがんばりましょう。
応援しています。
今後ともヨロシクです。(^-^)/
Posted by Tomy at 2006年05月01日 20:34
Tomyさん

こちらこそありがとうございます^^

本当に、よい施設でよかったなあと
思っています。

私もTomyさんを応援してます♪

これからもお願いします^^
Posted by ばあちゃんの介護され日記のようちゃん at 2006年05月01日 21:13
先日はサイトに書き込みありがとうございました。(^^)食事介助って・・・むちゃくちゃ心臓に悪いんですよ。「ごほっ」ってされると・・・自分の心臓が止まりそうになります。(笑)食事を施設での生活での唯一の楽しみとされている方も多いです。でも・・・危険がいっぱいなんですよ。むせ=誤嚥性肺炎とか・・・窒息とかにつながりますから・・・楽しみの時間は・・・介護士には・・・気が抜けない時間。でも、おいしそうにニコニコしながら食べてみえるのをみると・・・こちらまで幸せになりますね。(^^)心が温かくなります。
Posted by 紫透 at 2006年05月06日 21:01
紫透さん

ご訪問、ありがとうございます^^

だっあ〜、介護士さんて、そこまで注意深く慎重にやられてるんですね。

知りませんでした。
私も介護してくれる方たちに
もう少し歩み寄らなければいけませんね。
Posted by ようちゃん at 2006年05月06日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック