スポンサードリンク

2006年08月06日

学習療法

私の住む県で、認知症改善・予防のため
学習療法というのが導入されているそうだ。

学習療法の詳細は、
文字の読み書きや簡単な計算をすることで
脳を活性化することで、
認知症の改善や予防を目指すというもの。


これを最初に取り入れた通所介護施設
導入後三ヶ月の脳機能検査をしたところ、
認知症の傾向がある高齢者に改善の兆候が
みられたという。

全国の介護・医療施設で導入されているそう。

これは、頭の回転というだけではなくて、
情緒的な面でも効果を上げているのだとか。


私はばあちゃんの経験から、計算能力等は
あまり関係ないんじゃないかと思っていたが、
初期の認知症なら効果が期待できるのかな?と思った。

毎日少しずつでも普段の生活ではない
刺激を与えていくことが
認知症予防につながるのだろう。



posted by ようちゃん at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ケア マネージャー 試験
Excerpt: ケアマネジャーになるためには、 倍率の高いケアマネジャー試験を受けないといけないことは間違いないのですが、 ケアマネジャーの試験を受けるための資格を得るだけで かなり高いハードルを越えなければな..
Weblog: ケア マネージャー 試験
Tracked: 2006-08-07 06:48

◆学習療法:高齢者施設で大流行。全国で300施設に
Excerpt:  認知症の進行を抑えることを目的に簡単な計算や音読を中心にした『学習療法』が、全国の高齢者施設で大流行となって、300施設にまで達しようとしているそうだ。2030年には352万人にも及ぼうとする大きな..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2006-08-20 23:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。