スポンサードリンク

2006年08月18日

お盆の夜の夢


再びお盆の時の話。
これは先日、ご先祖様を
お墓に迎えに行った日の夜のことだが、
不思議な夢を見た。

歩けていた時のきちんと服を着た
ばあちゃんといる。
多分、一日ばあちゃんに付合っていたのだが、
覚えているのは、玄関で
靴を脱ぎ上がるのを手伝っているところ。

私が何か分からないけど、
「いけた?」とか聞く。
するとばあちゃんは、
「ばあちゃん、頑張ったけどあかんかったわ…」
寂しそうな声で言った。

その瞬間、私は夢と現実の間で目を覚まし、
半分寝たような心地の中、
声を抑えて泣いていた。

ばあちゃんは頑張って生きているだけで、
お金の面で家計を助けられると思っていて、
実際そうだったので、それがとても心残り
だったのだと思う。

でもばあちゃん、私も頑張るから。
ばあちゃんはもう十分頑張ったよ。
今はゆっくり休んでよ。
こっちのことは心配せんでいいからさ。



posted by ようちゃん at 20:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思い
この記事へのコメント
私もねぇ 昨日 母親が久々に夢に出てきたよ
この1年半の間に 何回も夢に出てきてくれたけど
なぜかドンドン元気な頃に戻っているような?
天国で若返っているのかもよ
幸せにくらしているのだと思う
Posted by ウルル at 2006年08月19日 00:30
ようちゃん、こんばんは。

おばあちゃんが、ようちゃんに会いに来てくれたのかもしれませんね。

おばあちゃんもよちゃんのこと大好きだったから。
Posted by anikigaeru at 2006年08月19日 00:38
よくしてくれたみんなに会いに来てくれたのですね。父も49日の前に、最後の別れを告げに来てくれた様です。母の部屋の窓から出ていった、あれは父だった、明るい部屋なのにはっきり見えた、あんなにはっきりしたひとだまを見たのは初めてだと母は言っていました。
Posted by marina at 2006年08月19日 23:08
>ウルルさん

そうなんですか〜
やっぱりあっちの世界へちゃんと行くと
なに不自由なくやっていけるんでしょうね^^

安心しました。

>anikigaeruさん

そうなんですかね〜

そう考えると何かおもしろいですね^^
怖いから、幽霊になって出てくるのはやめてな、
と心の中で言ってたから
夢にしてくれたのかもしれません^^;

>marinaさん

すごくリアルですねぇ。
怖がりの私はちょっと怖い。

でも実際そうやってお別れに来てくれた
と思うと、家族ならうれしいですよね^^

う〜ん、みんなだいたい49日くらいに
行ってしまうのかなあ〜
勉強になりました(変なとこで勉強している…)
Posted by ようちゃん at 2006年08月21日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22394385
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。