スポンサードリンク

2006年09月12日

高齢者には特に大切な生きがい


親王様のお名前が「悠仁(ひさひと)」様に決定されたようで。
かっこいいお名前ですね。
漢字はゆずの人と同じだす。


さて…

ばあちゃんの持ち物の整理はほとんど終わったけど、
困るのは、「誰も使わないんだけど、高価なもの」。

ばあちゃんは、歳を取ってから書道にはまりだし、
お金に余裕がある年寄りだったこともあり、
書道の道具をどっさりとそろえていた。
(あと通販も大好きで、
私にはガラクタに見えるものがたくさん…)


そういう時、もらい手は案外近くにいるものである。

母の父、つまり私のじいちゃんは、
ひょうきんな人柄に似合わず?書道の達人。

自分で言うのもなんだけど、先生もできるくらいだ。


先日、祖父母二人の顔を見るのもかねて、
母と、じいちゃん宅に、ばあちゃんの書道道具を持っていった。

母と私には高価なんだろうけど、どこがいいのか、
どのくらい高いのか、分からないような
筆、すずり、印などなどを見て、
じいちゃんは、

「ほ〜、こら高いええやつじゃ」

「これも上品でええでえ〜」

としきりにほめていた。


じいちゃんは、数年前に癌ができ、除去手術、治療などを経て、
現在もあまり元気ではないのだが、
この時ばかりは笑顔が戻り、とてもうれしかった。

そして、ばあちゃんの生きがいだったものを
引き取ってくれる人がいてよかった。
私たちには値打ちも分からないし、使うこともできないしね。


笑顔は脳を若く保つと言うし、
やはり生きがいや趣味を持つことは
高齢者には特に大切だな、と思った。



posted by ようちゃん at 19:26 | Comment(3) | TrackBack(2) | 思い
この記事へのコメント
そうか、形見か〜(^o^)

捨てるに捨てられないよね。。大切な思い出だもんね。

私にもあるよ。。母の形見の着物。
でも、母は小さい人(たぶん身長145cmくらいしかなかった)だったので私が袖を通す事もないけどね。

でも、良かったね。。形見を喜んでもらってくれる方がいて・・。

ご健在の祖父母の方々を大切にね(^_-)
Posted by 美樹 at 2006年09月13日 10:18
うちのばぁのもまだ沢山そのまんま残っています
じぃは誰かにあげるかどうかして処分してまえやっていうのだけど
なんだか出来ずに今に至っています
ばぁは民謡と水引の師範をしていました
なので、その関係グッズが沢山あります
昔、私に水引を教えてやるから覚えろやって何度も言われましたが時間もなく
結局残った物は宝の持ち腐れ状態です
おばあさんの道具が再び生かされて良かったですね!
きっと空で喜んでいますよ(^^)
Posted by ウルル at 2006年09月14日 14:39
>美樹さん
はいっ、祖父母を大切にします!(笑)

そうですね〜、着物って
捨てれませんよね〜

うちもずっと置いてます。

いや、でももらってくれて
ほんとによかったです^^

>ウルルさん

ありがとうございます!^^

亡くなった人の物を整理してると、
その人の生活、人生が見えてきますよね。

人生楽しめたんだなあ、と思ったりして。
ま、整理するという点では、
いろいろあると、難しいんですけどね^^;
Posted by ようちゃん at 2006年09月16日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23651581
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

悠仁さまと命名
Excerpt: 秋篠宮ご夫妻の長男は「悠仁(ひさひと)さま」と命名されました。良運命名されたことは間違いないでしょうが・・・。
Weblog: 姓名判断@良運命名
Tracked: 2006-09-13 01:34

介護のネタ
Excerpt: 介護のネタを追いかけるヨ!
Weblog: ネタ蔵
Tracked: 2006-09-13 05:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。