スポンサードリンク

2006年09月18日

介護休業

介護休業制度というものがあるそうだ。

これは、「育児・介護休業法」という法律に定められており、
2週間以上の長期に渡り、常時介護を必要とする状態にある家族を介護するため、連続する3ヶ月を限度に休業できる制度。

育児・介護休業法は、2005年4月に改正され、
介護休業の取得回数制限が緩和されたそう。


仕事を休んでいる間、お給料はどうなるのかというと、
介護休業給付制度」というのがあって、
休業開始時賃金月額の40%相当額が一括して支給される。


なんとも便利な制度のように思えるが、
それは、職場の環境や理解などが合わさって
はじめてよい制度になるのだろう。

実際には、介護休業を取る割合も少なく、
パート職員などに対する待遇も十分ではない。


日本経済新聞社が行った「働きやすい会社」調査では、
介護休業に対するニーズが高まってきていることを示している。

また、そのような面で、従業員に対する満足度の高い会社は、
業績も伸びているという調査結果もある。

結局、「人」を大事にする会社は伸びるんだなあ・・・

あ、介護とちょっと関係なくなっちゃった(汗)



参考サイト
育児・介護休業6割取れず パート労働者冷遇
働きやすい会社、松下が2年連続首位・2006年本社調査



posted by ようちゃん at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。