スポンサードリンク

2006年09月30日

10月からの医療・福祉の負担増

介護・医療の分野では、10月から負担増になるものが多い。

70歳以上の高齢者の医療費負担、医療型療養病床の食費・居住費の負担。
これらの負担の増大は、大きく報道されている。

また、福祉用具のレンタル料に、介護保険が適用されない
ということも、かねてから問題となっている。

福祉用具レンタルの負担増で批判 10月から介護保険適用されず(徳島新聞)

これは、
「要支援一と二、要介護一の軽度の高齢者
電動ベッドや車いすなどの福祉用具をレンタルする際、
原則として介護保険の適用が認められなくなる」
というもの。(上の記事より)

このことが決まってから、レンタルしていた高齢者からの
返却が相次ぎ、福祉用具のレンタル会社にとっても痛手なのだそう。

行政側の言い分は、簡単に言うと、
あまり介護の必要ない高齢者が、福祉用具に頼る癖をつけると逆に弱ってしまい、寝たきりになってしまう。
ということだ。

ただ、現状は、介護度の軽い高齢者でも、
電動ベッドがあるから寝たきりにならずにすんでいるとか、
車いすがあるから、ひきこもらずに出掛けられる。
という人もたくさんいるそうだ。

行政は、このことを知っていて、見て見ぬ振りで
介護保険給付の削減のためにそう言っているのか、
それとも、本当に知らないのか・・・

これからは自宅で介護せえ、その際福祉用具は自分で負担しろ、医療費は・・・
・・・もう埒が明かない。



posted by ようちゃん at 13:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 介護の問題
この記事へのコメント
本当に。。行政はもう少し考えてほしい。。と思うのは私だけかしら?

>あまり介護の必要ない高齢者が、福祉用具に頼る癖をつけると逆に弱ってしまい、寝たきりになってしまう。

でも、老々介護では。。ちょっとした介護用品が介護を助けているのも現実なのに・・。
Posted by 美樹 at 2006年09月30日 20:19
>美樹さん

そうですね。
いったいどこを削ってるんでしょうか…

介護用品が助けているのは本人だけじゃなくて、
その介護者も助けているんですよね。
Posted by ようちゃん at 2006年10月02日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。