スポンサードリンク

2006年10月15日

高齢者にとっての思い出の比重


さっき父と母は、
デジカメを買いに行った。

お墓にも行く。


最近は、どこの家庭でも
持っているデジカメ。

介護ブログをしている人でも、
おじいちゃんやおばあちゃんの様子や、
その日一緒に見た景色などを
載せている人がいる。

それを見ると、
とてもほのぼのするし、
応援したくなる。


私も、ばあちゃんが生きている時に、
庭の花や桜を録って
見せてあげたかったな〜と思う。

私はあまり写真に興味がないんだけど、
お年寄りにとって、
思い出は財産なんだよね。

つじつまの合わない話を
することが多くなったばあちゃんが、

白黒の写真を見て、
輝いた表情で、
これは誰、この人は誰
と話してくれたのを思い出した。

そして、

ばあちゃんが一生懸命生きていた姿
もこのブログに残しておきたかった。

介護する側にとっても、
ブログに日々の様子を載せる
ということは、
ストレス解消になるんではないか
と思う。


今はこれが人気機種のようです。
思い出の素



posted by ようちゃん at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。